理事長ブログBLOG

  •   当事者から見たわたし 2020.12.18

    ボヌールからの夜景。冬の夜景は、すっきり見えます。光のなかにどんな物語があるんだろう。

     こんにちは、理事長の有野です。

     日本精神保健福祉士協会の理事を現在させてもらっています。北海道の尾形理事を中心に「精神保健医療福祉の将来ビジョン」プロジェクトが発足し、微力ですがその末端に加えてもらっています。

     精神障害になっても安心して暮らせる社会になるために、どんな風に精神医療、保健、福祉の仕組みになっていたら良いのか…。考えています。

     この打合せのときに、ふとある疑問が私のなかに舞い降りてきました。「社会から見て、精神保健福祉士は必要とされているのか?」と。自分たちの立場から物事を考えていますが、社会からみて、どんな精神保健福祉になっているのか学ぶことも必要だなと。

     ただもっと大事なのは、「障害者からみた精神保健福祉士はどのような存在なのか」掘り下げて見ることも大事だなと気づきました。

     さらに考えてみると、「障害者からみた、私のかかわりは?」「障害者からみた、私の表情は?」「障害者からみた、私の声かけは?」どんな風にみえるんだろう。

     そして「職員からみた、理事長は?」「地域の人からみた蒼溪会は?」「社会からみた蒼溪会は?」

     自分にベクトルを向けて考えてみよう。当事者からみたそのかかわりに、愛がありますか。

最近のブログ記事

  • 就労継続支援B型ケール

    就労継続支援B型ケール

    山梨最初の就労の場「仕事」を通じ、
    地域生活のやり甲斐や
    生き甲斐を考えましょう。

  • 蒼溪会グループホーム

    自分の家のように帰りたいと思える
    ほっとできる場所。

  • あゆみの家

    「リカバリー」の入口、
    自分の強さを確認し自立に向けた
    第一歩を踏み出す場所。

  • 就労支援センターサヴァ

    「あせらず」「のんびり」
    仲間と一緒にマイペースに働く場所。

  • 相談支援センターカマラド

    サービスの主役はあなたです。
    相談事業所として常に選ばれる
    質の高い支援を目指します。

  • ライフサポートラヴィ

    「今日はどんな一日でしたか?」
    笑顔でまた来たいと思える場所です。

  • ライフスタイルボヌール

    どんな人でも地域で生活できる、
    生きる可能性と毎日が楽しいと
    言ってもらえる場所。

ページトップへ